Story

名称未設定 1.png
名称未設22定 1.png

人は些細な事を「きっかけ」に

とても重要な発見をし

大きな変貌を遂げれることがある。

 

平凡で退屈な日々を送る独身アラフィフOL「サチコ」。

通勤中に、いつも笑顔でティッシュ配りをするお兄さんの姿。

 

何故か毎日自分だけティッシュを貰えていないことに気づく。

 

いつもどこか傷つく事を恐れ

人陰にひっそり潜むよう目立つ事なく生きてきた「サチコ」。

しかし、心の内側から今まで潜めていた数々の欲求が覚醒し始める。

 

 

「私はこのティッシュを必ず手にする」

 

 

覚醒を始めた「サチコ」と、ティッシュ配りの「お兄さん」

この2人の壮絶なティッシュ争奪戦。

 

その争奪戦に隠された双方の過去思惑から

予想外の真実と結末が繰り広げられるアクションコメディ。

C0066T01.JPG
C0017T01.JPG
C0055T01.JPG

She is "Sachiko", a single woman aged around 50 and has a boring life, and he is a young man who gives out tissues she sees on the way to work.This is the struggle of tissues between the two.

It is an action comedy in which the unexpected truth and conclusion are continuously unfolded from the intention of both sides hidden in the struggle.

​監督メッセージ

どこか傷つくことにいつもお怯えながら自己主張を介すこともなくひっそりと生きている人間もおります。

しかし一つの些細な出来事をきっかけに「こなままじゃいけない」と思える場面に突然出会ったのなら。

 

そこで湧き上がる感情というのは恐らく一概に強い「欲望」や「承認欲求」と言うもの。以降今まで感じたことのない

あらゆる感情が沸き起こるのだろう。

 

しかし、そこで最後に辿り着き得るものというのは、結局「本当の自分」に出会う。ということ。

​物心をついた時から人は徐々に「本当の自分」を見失いつつあるのかもしれない。

この原点に戻る「一つの些細なきっかけ」と言うのは劇中、1枚の「ポケットティッシュ」となります。

 

少し重たいテーマとして見受けると思いますがこの度も実写に加え、ポップなアニメーション、自主作曲の

メロディを用いてコメディー映画として構成する予定です。

メインキャストは「タオルを〜」同様、磯貝圭子さんが演じます。どうぞ、お楽しみに。

2020年3月撮影、4月初旬完成予定

本作尺 約15:00以内を予定

札幌国際短編映画祭、夕張ファンタスティック映画祭、渋谷TANPEN映画祭他

​約7コンペティションにエントリー予定

49893c10335a4ddc29b4f0c1022433fe.jpg
69acfb7c3ee01fc1dd7bb69a0b807fab.png.jpe
NOBET0U.jpg
NOBET0U.jpg
NOBET0U.jpg

◎今までの作画経験を生かし、​実写とアニメーションを交えた斬新な構成で描きます。

◎音楽も自主制作、物語に適したイメージで自ら作曲。